So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

[再掲]「今日もどこかでポリスマン」?? 100人に1人、1,000人に10人、10,000人に100人、100,000人に1,000人・・・、危ない警察官がいる? [ジョーク(未来予測)]

2014年10月18日の『読売新聞』ニュースサイトに「県警 上半期処分26人」という記事があった。

広島「県警が今年上半期(4~9月)、警察官や職員26人に懲戒や内部処分をしていたことが17日、市民の情報公開請求でわかった。」のだそうだ。

ウィキペディアの「データ」によると、広島県警には、

警察署数 - 28
交番数 - 155
駐在所数 - 144
職員数 - 5428名
ヘリコプター - 2機

があるという。

上半期で26人ということだから、単純計算で行くと、年間52人ということになる。

5428(職員数)÷52(件)≒104.38・・・

ということである。

警察の不祥事は、組織が一体となって隠そうとするモノなので、組織力を生かしても、隠しきれなかった不祥事が、公表された(公文書に残された)不祥事ということになる。

一般人の犯罪なら逮捕される事例でも逮捕されなかったり、といった事例は枚挙に暇がない。

滋賀県の竹藪で自殺した京都府警の下着泥棒容疑の警察官や自殺した淫行容疑の和歌山県警機動隊の副隊長などは、逮捕せずに事情を聴いて、帰宅させている。他にも、逮捕しなかったために行方をくらませた警察官もいる。

しかも、警察官による犯罪は、一般人より軽くなる傾向がある。

つまり、明らかにされる(公文書に残された)警察官の不祥事は、かなり少なく見積もった数字ということである。

その数字に基づいて、何人当たりに1件の不祥事が発生するか計算すると、

広島県警では、警察職員104人で1件ということになる。

何処の警察でも同じようなモノだろうから、

1年に警察官100人に1件の不祥事が起こると考えてよいだろう。

警察の不祥事には、赤信号をみんなで渡る的な、警察学校での集団カンニング、パワハラと呼んでいる集団苛め(暴行、傷害、監禁など)、裏金作り(窃盗?詐欺?)など、複数で1件の不祥事を起こす場合もあるが・・・

1人が1件の不祥事を起こすとすると、

1年に100人に1人が不祥事を起こすということになる。

サミットの警備、災害警備、警衛や要人警護などで100人以上の警察官が出動した場合、

100人に1人、1,000人に10人、10,000人に100人、100,000人に1,000人・・・

危ない警察官がいるということになる。

実際に、洞爺湖サミット、日本APECでの横浜市警備、福島第1原発事故関連の警備派遣でも、派遣された警察官が不祥事を起こしている。

同様に警察署当たりの不祥事発生件数を計算すると、

52(件)÷28(警察署)≒1.85・・・

1年で1警察署当たり、1.85件の不祥事が発生するということになる。

おおむね、1年で1警察署当たり、2件不祥事が発生するということである。

1人が1件の不祥事を起こすとすると、

1年で1警察署当たり、2人が不祥事を起こすということになる。

警察官の不祥事は、殺人、強盗、強姦、放火、誘拐、脅迫、恐喝、傷害、詐欺、暴行、窃盗(万引き、下着泥棒を含む)、淫行、痴漢、覗き(住居侵入)、盗撮、不法投棄、密漁などなど、バラエティに富んでおり、ほぼ刑法が予定した犯罪を網羅している。

そんな警察官が住んでいる待機宿舎や待機寮で犯罪が起きない方が不思議である。

そんな警察官が住んでいる待機宿舎や待機寮と警察施設を結ぶ鉄道やバスなどの公共交通機関で、痴漢、盗撮などの犯罪が頻発しているのは、当然のことである。

なんとも恐ろしい話である。

どのような、「労働者の募集」を行えば、警察官になりたいという若者がでてくるのか不思議でしかたない。

あ、騙してか・・・

騙されたと気づいた警察官が、ヤケクソになって、自爆テロ的不祥事を起こしているのか?

不祥事を微減させるには、

警察官の自殺率、離職率、過労死率、警察学校卒業生(退職者含む)の犯罪者率、などを公表して、

「労働者の募集」を行う必要があるだろう。


365(日)÷52(件)≒7.019・・・、となり、広島県警では7日に1件の割合で不祥事が起きていることになる。

同様に他の都道府県警察でも不祥事が起こっていると考えると、

47都道府県、つまり日本全体で考えると、7日で47件の不祥事が起こっていることになる。

47(件)÷7(日)≒6.714・・・となり、

1日に約7件の不祥事が起こっていることになる。

「今日もどこかでデビルマン」・・・、

いや、「今日もどこかでポリスマン」が、「誰も知らない 知られちゃいけない」と思いながら、不祥事を起こしているということだ。



以下に示すのは、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた「今日もどこかでデビルマン」(作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一)https://www.youtube.com/watch?v=KLDpzFfhQy0の替歌「今日もどこかでポリスマン」である。


「今日もどこかでポリスマン」

誰も知らない 知られちゃいけない
ポリスマンが してること
何も言えない 話しちゃいけない
ポリスマンが してること
ウラ金を 作ってる
税金を チョロまかしている
ただ自分の欲望を 満たしたいだけ!
今日もどこかで ポリスマン
今日もどこかで ポリスマン

誰も知らない 知られちゃいけない
ポリスマンの してること
何も言えない 話しちゃいけない
ポリスマンの してること
同僚を イジメてる
同僚を イジメ殺してる
ただ不正に協力 しなかったから?
あすもどこかで ポリスマン
あすもどこかで ポリスマン

ウラ金を 作ってる
税金を チョロまかしている
ただ自分の欲望を 満たしたいだけ!
今日もどこかで ポリスマン
今日もどこかで ポリスマン



------------------


以前このブログで、「『今日もどこかでポリスマン』?? 100人に1人、1,000人に10人、10,000人に100人、100,000人に1,000人・・・、危ない警察官がいる?」という記事を書いたが・・・

突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログでも、指摘されていた。
 

以下の文章は、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた記事である。

「兵庫県警 2010年は158人処分」 兵庫県警には、100人にヒトリ、超危ないおまわりさん(警察官=150)がいるということのようだ。 [警察は犯罪組織(兵庫県警の伝統)]

「兵庫県警 2010年は158人処分」という記事があった。

「不祥事やその監督責任で2010年に処分を受けた兵庫県警の警察官・職員は計158人に上ることが県警のまとめで分かった。09年と比べて6人増えた」のだそうだ。

「地方公務員法上の懲戒処分は前年と同じ13人」らしい。

偶然の一致であろうか?

おそらく、被害局限化のために、犯罪のレベルを低くするなどの統計上の操作(佐賀県警が有名)がされているのだろう。

兵庫県警の2009年の警察官数が約11,500ニンということだから、

158÷11,500=0.0137…⇒1.4%

ということになる。

兵庫県警には、

100人にヒトリ、超危ないおまわりさん(警察官=150)がいるということのようだ。

毎年、統計を調整して、同程度だろうから、

おまわりさん(警察官=150)を100人見たら、最低ヒトリは、ヤバい目をしていると…

あ、ミンナ似たような目しているか…。

「兵庫県警 2010年は158人処分  不祥事やその監督責任で2010年に処分を受けた兵庫県警の警察官・職員は計158人に上ることが県警のまとめで分かった。09年と比べて6人増えた。 地方公務員法上の懲戒処分は前年と同じ13人、うち最も重い免職は3人だった。 免職は、高校時代の同級生らと監禁事件を起こした巡査16 件▽拾得物として交番に届けられた現金を 着服した巡査長▽大麻を隠し持っていた巡査‐の3人。ほか、停職と減給がそれぞれ4人、戒告が2人。 一方、懲戒処分に至らない訓戒や注意処分を受けた 145人のうち、多かったのは、交通関係書類や捜査資料などの紛失、一時紛失が30人、公用車やマイカーの速度違反が18人、不倫・セクハラなどの異性関 係が11人だった。このほか、護送中の容疑者に一時逃走されたり、一般からの相談や公務中の交通事故の報告を怠ったりして処分されたケースもあった。(永 田憲亮)(2011/03/18 11:11)」http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003875329.shtml







2011-03-19 18:35 nice!(1) コメント(0) トラックバック(0)


[再掲]池宮城積宝の『奥間巡査』という短編小説は、不可解な不祥事を起こし続けるおまわりさん(警察官)たちの心情を理解する上で、極めて有用な作品である。 [「無人警察」ほか]

池宮城積宝の『奥間巡査』http://www.aozora.gr.jp/cards/000868/files/2689_20502.htmlという短編小説を読んだ。

この短編は、「琉球の那覇市の街端れ」の「特種部落」出身の青年奥間百歳(うくまぬひやあくう)が巡査になるという話で、「大正△年の五月」前後から9月30日(「九月の二十七日」から「四日目」まで)までの物語で、わずか半年ほどの間に、「温順しかった」人間が「巡査としての職業的人間」へと変貌する様子が描かれている。

池宮城積宝は、「特殊部落」の生活について
軽蔑されて居ても、その日常生活は簡易で、共同的で、随って気楽である。
と、ことさらに悲惨さを強調したりしていない。

この物語の主人公である百歳の本当の悲惨は、巡査になることによって始まるのである。

当初は、
父は彼に仕事を休んで勉強するやうに勧めた。彼の母は巫女《ユタ》を頼んで、彼方此方の拝所《ウガンジユ》へ詣って、百歳《ひやあくう》が試験に合格するやうにと祈った。百歳が愈々試験を受けに行くと云ふ前の日には、母は彼を先祖の墓に伴れて行って、長い祈願をした。
と、百歳の父母は百歳が巡査になることに肯定的であった。

また、同じ「特殊部落」の人々も、
賎業に従事して居る彼等にとっては、官吏になると云ふ事は単なる歓びと云ふよりも、寧ろ驚異であった。
と、百歳が巡査になることを、戸惑いながらも喜んでいた。

百歳は、「大正△年の五月」「奥間巡査は講習を終へると隔日勤務になった。」
そして、「二、三ケ月は」「平和に過ぎた。」かのようにみえたのだが、百歳の心には大きな変化があった。

今や彼の心の中には、巡査としての職務を立派に果すと云ふ事と、今の地位を踏台にして、更に向上しようと云ふ事の外に何物もなかった。

その上に彼はだんだん気難かしくなって来た。

彼の同僚が訪ねて来てからは一層、家の中を気にするやうになった。

彼が怒り出すと、どうしてあんなに温順しかった息子が斯うも変ったらうかと母は目を睜って、ハラハラし乍ら、彼が妹を叱るのを見て居た。
と。

巡査講習所(今の警察学校)を出てから「二、三ケ月」もすると、家族は百歳の人間性が変わってしまっていることに気付き始めるのだった。※このブログ風にいえば、警察教養(学校教養と職場教養)で人格が変わってしまったことに家族が気づき始めたということである。

「部落」で祭礼があった日に百歳は、
われ〳〵官吏は『公平』と云ふ事を何よりも重んずる。随って、その人が自分の家族であらうと親類であらうと、苟も悪い事をした者を見逃すことは出来ない。
と、巡査臭ぷんぷんの演説をしたりして、周囲の人々から敬遠され始める。

また、
時々、彼の同僚が訪ねて来ると、百歳はよく泡盛を出して振舞った。彼の家に遊びに来る同僚は可成り多かった。中には昼からやって来て、泡盛を飲んで騒ぐのが居た。どれもこれも逞しい若者で、話の仕方も乱暴だった。此の辺の人のやうに蛇皮線を弾いたり、琉球歌を歌ったりするのでなしに、茶腕や皿を叩いて、何やら訳の解らぬ鹿児島の歌を歌ったり、詩吟をしたり、いきなり立ち上って、棒を振り廻して剣舞をする者もあった。

おとなしい百歳の家族は、さう云ふ乱暴な遊び方をする客に対してはたヾ恐怖を感ずるばかりで、少しも親しめなかった。さうして、そんなお客と一緒に騒ぐ百歳を疎しく感ずるのであった。


家族ばかりか「部落」の人々も、
初めの中こそ百歳が巡査になった事を喜んだものの、彼の態度が以前とはガラリと違ったのを見ると不快に思った。

「部落」の人々は、百歳の家へ
屡々、外の巡査が出入するのを烟たがった。その巡査達は蹣けて帰り乍ら、裸かになって働いて居る部落の人を呶鳴り付けたりした。そんな事が度重なると、彼等は百歳の家の存在をさへ呪はしくなった。
のである。

しまいには、
部落の人達はあまり彼の家に寄り付かなくなった。


さうなると彼は家に居ても始終焦々して居た。また途中で出逢った部落の人の眼の中に冷たさを感じると、自分の心の中に敵意の萠して来るのを覚えた。何となく除者にされた人の憤懣が、むら〳〵と起って来るのを、彼は如何ともする事が出来なかった。


かといって、

百歳は、警察組織にも受け入れてもらえないのである。

彼は此の部落の出身であるが為めに同僚に馬鹿にされて居ると感ずる事が度々あった。

彼は寂しかった。と云って、彼は同僚の中には、ほんとうの友情を見出すことは出来なかった。

彼の同僚は多くは鹿児島県人や佐賀県人や宮崎県人で、彼とは感情の上でも、これまでの生活環境でも大変な相違があった
と。

作者が、「特殊部落」の人々の人間性と「巡査としての職業的人間」の人間性とを対比させるために、わざわざ「特殊部落」の青年が巡査になる設定にしているようだが・・・

現在の警察でも、同僚が拳銃自殺したときに口裏合わせして「拳銃の発射音は聞こえなかった」と証言できるヒトばかりなのだから、「特殊部落」の出身でなくても、「同僚の中には、ほんとうの友情を見出すことは出来」ないであろうことは容易に想像できるだろう。※兵庫県警には知人にしか公開していないブログで兵庫県警での職務や上司についての感想を書いた女性警察官が処分されている。

警察では、同僚は友人ではなく、密告者なのである。

百歳が巡査を拝命していたころの沖縄県警も、今とそう変わりがあったようには思えない。

百歳は、
さう云ふ人達とは一緒に、泡盛を飲んで騒ぐ事は出来ても、しみ〴〵と話し合ふ事は出来なかった。彼は署内で話をし乍らも、度々、同僚に対して、「彼等は異国人だ。」 と、さう心の中で呟く事があった。彼等もまた、彼を異邦人視して居るらしいのが感じられて来た。彼は孤独を感ぜずには居られなかった。

百歳は、孤独感に苛まれるようになっていくのである。

さう云ふ昼と夜とが続いて、百歳も草木の萎えたやうに、げんなり気を腐らせて居た。職務上の事でも神経を振ひ立たせ(る)程の事はなかった。何となく、生きて居る事が慵くてやり切れないと云ふ感じを感ずるともなく、感じて居た。
と、

百歳は、「何となく、生きて居る事が慵くてやり切れないと云ふ感じを感ずるともなく、感じ」るのである。

このくだりは、警察学校を卒業し、配属されたばかりのおまわりさん(警察官)の心情がよく描けている。配属されたばかりのおまわりさん(警察官)の自殺理由を考える上で大きなヒントになるだろう。※この「何となく、生きて居る事が慵くてやり切れないと云ふ感じ」に、職業安定法違反の労働者の募集によって騙されたことの憤りを加えれば、おまわりさん(警察官)の自殺の理由が、より明瞭になることだろう。

そんなおり、
散歩の帰りがけに百歳はその友達に誘はれて、始めて「辻」と云ふ此の市の廓へ行った。

百歳は始めて女を買った。彼の敵娼に定ったのは、「カマルー小」と云って、未だ肩揚のとれない、十七位の、人形のやうに円いのっぺりした顔をした妓であった。何処となく子供らしい甘へるやうな言葉付が彼の心を惹いたのであった。
現在とは、社会状況が異なるため、淫行にはならないが・・・、今も昔も、巡査は大人の女性より少女を好むようである。

次の給料日に百歳は、カマルー小のいる廓へ行って、カマルー小に五円を渡す。そして、
百歳は翌日、家に帰った時、母に俸給の残り十八円を渡して、後の五円は郵便貯金をしたと云った。さうして彼は母に、郵便貯金とは斯様々々のものであると云ふ事を可成り悉しく話した。母は黙って領いて居た。
と。百歳は(今風に言うと)風俗に嵌り、給料をつぎ込むようになり、母親に嘘をつくようになる。

女の何処となしに強く彼を惹き付ける或物を感じた。それは女の、柔かい美しい肉体だか、善良な柔順な性格だか、或ひは女の住んで居る楼の快い、華やかな気分だか、彼には解らなかった。彼はたゞ、磁石のやうに女に惹き付けられる気持をだん〳〵判然、感じて来た。


もともとは、裕福な生活をしていたが、
家計の困難や、その負債の整理の為めに、彼女は今の境涯に落ちたと云ふ事であった。さう云ふ話をする時の彼女は、初めに見た時とは違って、何処となくしんみりした調子があったが、それが却って百歳に強い愛着を感じさせた。

百歳は、カマルー小に「強い愛着を感じ」るようになっていくのである。※警視庁のおまわりさん(警察官)に、キャバクラ譲に「強い愛着を感じ」、ストーカーしたあげく、射殺するという事件を起こしたおまわりさん(警察官)がいた。

翌月の給料日にも百歳は、カマルー小に貢ぐ。そして、
家へ帰ると、彼は母に、今月の俸給は、非常に困って居る同僚があったので、それに貸してやった。が、来月は屹度返して呉れるだらうと云った。さう云ふ時、彼は顔が熱って、自分の声が震へるのを感じた。母は不審さうな眼付で彼の顔を視て居たが、何にも云はなかった。
と、母に平気で見え透いた嘘をつくのであった。

その月、九月の二十七日の午後から
風が吹き出し、夜には暴風雨になった。
百歳はその晩、警察で制服を和服に着換へて女の楼に行った。

暴風雨は三日三晩続いた。彼は中の一日を欠勤して三晩、其処に居続けた。


その時、
百歳は、何とかして二人が同棲する方法はないものかと相談を持ち出したが、二十三円の俸給の外に何の収入もない彼には結局如何にもならないと云ふ事が解ったばかりであった。彼は金銭が欲しいと思った。一途に金銭が欲しいと思った。その時、彼には女の為めに罪を犯す男の気持が、よく解るやうに思はれた。自分だって若し今の場合、或る機会さへ与へられたら――さう思ふと彼は自分自身が恐ろしくなった。
現代も、お金が欲しかったといって、窃盗や強盗をするおまわりさん(警察官)が後を絶たない。彼らの心情は、百歳が「自分自身が恐ろしくなった。」時の心情と同じものなのだろうか。

四日目に風雨が止んだので、彼は午頃女の楼を出て行ったが、自分の家へ帰る気もしなかったので、行くともなしに、ブラ〳〵とその郭の裏にある墓原へ行った。

この墓地で、百歳は不審な男を見つけ、その男を捕まえる。
彼は当途もなく、その墓原を歩いて居た。  所が、彼が、とある破風造りの開墓《あきはか》の前を横切らうとした時、その中で何か動いて居る物の影が彼の眼を掠めた。彼が中をよく覗いて見ると、それは一人の男であった。彼は突如《いきなり》、中へ飛び込んで行って男を引き擦り出して来た。その瞬間に、今までの蕩児らしい気分が跡方も無く消え去って、すっかり巡査としての職業的人間が彼を支配して居た。


彼はその男を引き擦るやうにして警察署に引張って行った。  彼はその男を逃すまいと云ふ熱心と、初めて犯人を逮捕して来たと云ふ誇りで夢中になって居た。まるで犬か何かのやうに其の男を審問室に押し込めると、彼は監督警部の所へ行って報告した。


彼の報告を聞くと監督警部は軽く笑って、 「ふむ、初陣の功名ぢゃな、御苦労だった。おい、渡辺部長。」 と、彼は一人の巡査部長を呼んで、その男を審問するやうにと命じた。


巡査部長の事情聴取を聞いているうちに、「初めて犯人を逮捕して来たと云ふ誇りで夢中」だった百歳の心境に変化があらわれる。

百歳は容疑者が、カマルー小の兄ではないかと思い始めたのである。

「旦那《だんな》さい、赦《ゆる》ちくゐみ、そーれー、さい。」  さう云って男は頭を床《ゆか》に擦《す》り付けた。  部長はそれを見ると勝ち誇ったやうに、笑声を上げた。 「奥間巡査、どうだ。正に君の睨んだ通りだ。立派な現行犯だよ。ハッハッハッ」

奥間巡査は極度の緊張を帯びた表情で、その男の顔を凝視めた。すると思ひ做しか男の顔が、彼の敵娼の、先刻別れたばかりのカマルー小の顔に似て居るやうに思はれた。

男は奥間巡査の予覚して居た通り、カマルー小の兄に違ひなかった。彼は此の男を捉《つかま》へて来たことを悔恨した。自分自身の行為を憤ふる気持で一杯になった。先刻、此の男を引張って来た時の誇らしげな自分が呪はしくなった。その時、部長は彼の方を向いて云った。 「おい、奥間巡査、その妹を参考人として訊問の必要があるから、君、その楼《うち》へ行って同行して来給へ。」  それを聞くと、奥間巡査は全身の血液が頭に上って行くのを感じた。彼は暫時の間、茫然として、部長の顔を凝視《みつ》めて居た。やがて、彼の眼には陥穽《かんせい》に陥《お》ちた野獣の恐怖と憤怒《ふんど》が燃えた。


百歳は、「特殊部落」の人々の前で
われ〳〵官吏は『公平』と云ふ事を何よりも重んずる。随って、その人が自分の家族であらうと親類であらうと、苟も悪い事をした者を見逃すことは出来ない。
と巡査臭ぷんぷんに述べていたが、窃盗の容疑者が、カマルー小の兄だと確信した瞬間に、
彼の眼には陥穽に陥ちた野獣の恐怖と憤怒が燃えた。
のである。

この短編小説の最後の箇所で、私は、日本警察機動隊軍歌『この世を花にするために』の二番の
恋も情も人間らしく しても見たいさ 掛けたいが それすら自由になりはせぬ この世を花にするために 鬼にもなろうさ機動隊
という歌詞を思い出した。

今も昔も、おまわりさん(警察官)の仕事に変わりはないようである。

奥間百歳(うくまぬひやあくう)の「恐怖と憤怒」は、道義的同情を欠いたニンゲンになってしまったおまわりさん(警察官)と、じつは、もうそのおまわりさん(警察官)に含まれてしまっている自分に対する感情ではないだろうか?

この感情が、それぞれのおまわりさん(警察官)の英知的性格に動機として働き、自殺する人、無念無想と言いながらただの機械となって生きるヒト、自殺行為としか思えない不祥事を起こすヒト、組織への復讐としか思えない不祥事を起こすヒト、完全に人格が崩壊し人間とは思えない犯罪を犯すヒトなどなどに分かれるだけなのではないだろうか?

池宮城積宝の『奥間巡査』という短編小説は、不可解な不祥事を起こし続けるおまわりさん(警察官)たちの心情を理解する上で、極めて有用な作品である。

大学や高校の先輩のリクルーター(警察官)に警察官に応募するように勧められている方は、

夏目漱石『文芸の哲学的基礎』、池宮城積宝『奥間巡査』、小林多喜二『山本巡査』、筒井康隆『無人警察』を読んでから、警察官に応募するかどうか決めるといいだろう。※『文芸の哲学的基礎』は小説ではありません。

小説はフィクションに過ぎないと、お思いの方は、原野翹『警察はなぜあるのか  行政機関と私たち』 (岩波書店、1989年)とウォルター・L.エイムズ著・後藤孝典訳 『日本警察の生態学』(勁草書房、1985年) を読んでから、警察官に応募するかどうか決めるといいだろう。

ま、おまわりさん(警察官)に応募する人は、読書なんかしないんだろうけど・・・









nice!(0)  コメント(0) 

[再掲]槇原敬之の『もう恋なんてしない』の替歌『もう不正なんてしない』を作って、反省する能力0のおまわりさん(警察官)の心境を表現してみた。 [ノンフィクション替え歌①]

以下の文章は、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた記事である。

2009-09-27 13:32 nice!(1) コメント(0) トラックバック(0)
共通テーマ:日記・雑感

槇原敬之の『もう恋なんてしない』の替歌『もう不正なんてしない』を作って、反省する能力0のおまわりさん(警察官)の心境を表現してみた。 [替歌等]

槇原敬之の『もう恋なんてしない』の替歌『もう不正なんてしない』を作って、反省する能力0のおまわりさん(警察官)の心境を表現してみた。

(『もう恋なんてしない』https://www.youtube.com/watch?v=naz0-szzYXk参照。)
※警官失格という表現がありますが、このブログでは警官=人間失格です。警官失格とは、人間失格失格、つまり、人間ということです。

※うたウガ(http://utauga.jp/karaoke/index.php?contents_id=kar0437688#container)に『もう恋なんてしない』のカラオケがあります。

『もう不正なんてしない』

不正はなかったと何度も
広報してきたけれど
証拠を消しただけで
ホントはいまだに続けてる
ほら 裏金も作れるもんね
だけどあまり多くない
10年前なら架空請求も
思いきり出来たのに

告発しそうな人は
ミンナでイジメ殺した
拳銃庫の拳銃数が合わないのも
証拠品がよく無くなるのもイジメさ
自殺した同僚の
気持ちはわからないけど
裏金使って遊んでるとき
ボクらはとても嬉しくなるよ
もし市民に1つだけ
本当のことを言えるのなら
もう 不正なんてしないなんて
言わないよ 絶対

告発しそうな職員は
口を封じてしまおう
ドジ踏んだ会計課長も
そのうち屋上から飛んでもらおう
人間らしく いさぎよくと
拳銃くわえる巡査は
他のダレと比べても一番
警官失格だろう

こんなにいっぱいの
ニセ伝票を集めて
捜査協力費ちょろまかして
遊ぶのが警官だと知った
匿名の郵便が
監察に届いてるうちは
まーた告発者が
出ないかと思って 心配だけど
ノルマに足りなかった
裏金は今度見つけた
市民の知らない方法で
作ってみせるから

本当に本当に
不正が大好きだから
もう 不正なんてしないなんて
言わないよ 絶対


「眞子さま結婚、20年に延期『準備に余裕ない』」??借金があれば結婚することも子孫を残すことも困難になることの良い証拠だ。 [ジョーク(未来予測)]

2018年02月06日の『読売新聞』のニュースサイトに「眞子さま結婚、20年に延期『準備に余裕ない』」という記事があった。
宮内庁は6日、今年予定されていた秋篠宮家の長女、眞子さま(26)と、大学時代の同級生で法律事務所職員、小室圭さん(26)の結婚に関係する儀式を2020年に延期すると発表した。
のだそうだ。

急いでいたので、

子供でもできたのかと思えば、延期とは・・・

不可解な話だ。

2018年2月6日号の『週刊女性』には、
『週刊女性』は昨年、眞子さまが今秋に結婚予定の小室圭さん(26)の母・佳代さんが元婚約者との間に400万円以上の借金トラブルがあることを報じた。 「佳代さんは、竹田さんと'07年ごろから付き合い始めて'10年に婚約しました。  お金の無心が始まったのは、'10年に圭さんが進学した国際基督教大学(ICU)の入学金からでした。  それからというもの、事あるたびに“今月厳しいからお金を都合してほしい”と生活費を要求してきたそうです。  ほかにも、圭さんが一時期通っていたアナウンススクールの授業料やアメリカ留学費用なども合わせ、貸した額は400万円を軽く超えてしまったのです」(友人、以下同)
と書いてあった。

この記述が事実なら、奨学金詐欺(奨学金という呼び名の学生ローン〔消費者金融の貸付限度額の何十倍も貸付ける〕)に遭った若者が結婚できず子供も作れずに年を取って中高年になってしまう話(日本民族に対するジェノサイド政策)に似ている。

小室圭氏の学費を借り返済が滞ったことで結婚できないというのは、

何処から(学生死苑機構からか母の愛人からか)

借りたかの差異はあるが、

借金があれば結婚することも子孫を残すことも困難になることの良い証拠だ。

ただ、マスコミの騒ぎ方をみていると、借金返済が滞ったことだけが理由でないようだが・・・。

※全く根拠のないことだが、マラソンの有森裕子さんとの婚約会見で、ゲイだとカミングアウトした交際相手のガブリエルさんの雰囲気と小室圭さんの雰囲気(何かを隠している感じ?)が似ていることに不安を感じる。(「眞子さま 小室圭さん 婚約内定会見 ノーカット2(17/09/03)」https://www.youtube.com/watch?v=dKIED7OH91Iを参照した。)小室圭氏がオールドカマーの子孫であるというネット上の噂があるが、その程度の些細な秘密なら良いのだが・・・。

※素朴な疑問だが、小室圭さんの意に反して婚約破棄する場合、皇族である眞子さまに民法上の当事者能力があるのだろうか? もしないのなら、面倒なことになりそうだ。小室圭さんに不貞行為とかなければ、眞子さま側の親族の反対で婚約破棄ということになりかねない。そうなると、小室圭さんが莫大な慰謝料請求をする可能性もありそうだ。ご結婚後(戸籍ができた後)に離婚訴訟した方が手続きはスムーズに行きそうだ。あ、その辺の法律的なことがはっきりしないから、とりあえず延期なのか・・・。

※眞子さまと結婚出来れば小室圭さんに大金が転がり込んでくるのは確実だ。もし、婚約破棄でも、小室圭さんには母親の借金が返済できるくらいの慰謝料(示談金か?)がもらえそうだ。おまわりさん(警察官)なら、どっちに転んでもウハウハだと喜ぶところだろう。はたして小室圭さんは・・・。




nice!(0)  コメント(0) 

手術痕(?)背負って今日も跳ぶイルカ 日本のサラリーマンみたいだな、このイルカ。 [「巡査臭ぷんぷん」だよ。]

2017_06_01_IMG_4317 (2).JPG

手術痕(?)背負って今日も跳ぶイルカ


ブラックジャック??それとも、海賊王??

コスプレならいいんだけど、なんか、痛々しい。

ブラック企業日本のサラリーマンみたいだな、

このイルカ。

2017_06_01_IMG_4317.jpg

※イルカにまで警察化が及んでいるということか・・・。

nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -