So-net無料ブログ作成
検索選択

[再掲]『日刊アメーバニュース』に「夏目漱石の名言10『ありがたいなどは通過して恐ろしい位だ』」という記事があったが・・・、「警察官は人間失格である!」に勝る漱石の名言はない。 [警察官は人間失格である]

「警察官は人間失格である」という言葉を、

ただの悪口と、思い込んでいる方のために、

本ブログの「「日刊アメーバニュース」に『夏目漱石の名言10「ありがたいなどは通過して恐ろしい位だ」』という記事があったが・・・、『警察官は人間失格である!』に勝る漱石の名言はない。」という記事を再掲します。

本ブログでは、他の箇所でも詳しく説明していますので、他の箇所も参照ください。

ついでに「SOS団を作ってはどうだろうか? SOS団とは、S(漱石を)、O(大いに)、S(尊敬する[猫党の])団の略。」も再掲します。

以下は、本ブログの「「日刊アメーバニュース」に『夏目漱石の名言10「ありがたいなどは通過して恐ろしい位だ」』という記事があったが・・・、『警察官は人間失格である!』に勝る漱石の名言はない。」という記事。

2014年12月27日の『日刊アメーバニュース』に「夏目漱石の名言10『ありがたいなどは通過して恐ろしい位だ』」という記事があった。

夏目漱石の名言は他にも沢山ある。

なかでも、

「警察官は人間失格である!」に勝る名言はない。

なぜか、この名言は、無視されている。


漱石は「文芸の哲学的基礎」http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/755_14963.html という講演(明治四十年四月、東京美術学校での講演)で、

探偵」という「職業をして居るうちは人間の資格はないものと断念してやらなくては、普通の人間に対して不敬であります」と述べている。

「職業をして居るうちは人間の資格はない」という部分に着目すると、

「職業をして居るうち」というのは、「探偵」という「職業をして居るうち」という意味であるから、

簡潔に言えば「探偵」ということになるだろう。

そして、

「人間の資格はない」という言葉を簡潔にいえば、

「人間失格」となる。

さらに、

漱石は「探偵」について、

「重宝だから、警視庁でもたくさん使って、給料を出して飼っておきます」と述べており、

漱石が言う「探偵」が、「警察官」のことを指しているということはすぐにわかる。

つまり、

「文芸の哲学的基礎」という講演での漱石の発言を要約すれば、

夏目漱石001.png


ということになるのである。


以下、「文芸の哲学的基礎」

「諸君は探偵というものを見て、齢するに足る人間とは思わんでしょう。 ――中略―― まず彼らの職業の本分をいうと、もっとも下劣な意味において真を探ると申しても差支えないでしょう。それで彼らの職務にかかったありさまを見ると一人前の人間じゃありません。道徳もなければ美感もない。荘厳の理想などはもとよりない。いかなる、うつくしいものを見ても、いかなる善に対しても、またいかなる崇高な場合に際してもいっこう感ずることができない。できれば探偵なんかする気になれるものではありません。探偵ができるのは人間の理想の四分の三が全く欠乏して、残る四分の一のもっとも低度なものがむやみに働くからであります。かかる人間は人間としてはむろん通用しない。人間でない機械としてなら、ある場合にあっては重宝でしょう。重宝だから、警視庁でもたくさん使って、給料を出して飼っておきます。しかし彼らの職業はもともと機械の代りをするのだから、本人どももそのつもりで、職業をして居るうちは人間の資格はないものと断念してやらなくては、普通の人間に対して不敬であります。」(「文芸の哲学的基礎」『日本の名著 42』中央公論社、105-106頁。)

------------------------------------

以下は、本ブログ「SOS団を作ってはどうだろうか? SOS団とは、S(漱石を)、O(大いに)、S(尊敬する[猫党の])団の略。」という記事。 


SOS団を作ってはどうだろうか? SOS団とは、S(漱石を)、O(大いに)、S(尊敬する[猫党の])団の略。 [ジョーク] [編集]


 『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメ(マンガ、小説)にはSOS団というのが登場する。

 SOS団というのは、S(世界を)、O(大いに盛り上げる為の)、S(涼宮ハルヒの)、団、の略である。

 これに倣って、

  夏目漱石001.png

と述べた、漱石を、大いに、尊敬する、(猫党の)団

つまり、S(漱石を)、O(大いに)、S(尊敬する[猫党の])団を作ってはどうだろうか?





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0