So-net無料ブログ作成
検索選択

[再掲]東⽇本⼤震災の被災地⽀援で宮城県警に特別出向していた大阪府警阿倍野署地域課の巡査⻑が、女性を殺害。 [蘇る博士(警察官の妻)]

以前このブログで、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた

福島第1原発周辺での行方不明者捜索や犠牲者の検視、遺体搬送に当たる警察官の特殊勤務手当について [蘇る博士]」

という記事を引用した。

関連個所を書きだすと、以下の通りだ。

おまわりさん(警察官=150)の給与が普通の公務員より1割高いのは、「行方不明者捜索や犠牲者の検視、遺体搬送」も勤務に含まれているからである。

本来は、特殊勤務手当を付けるのではなく、昇進試験の際の考慮事項の一つにする程度で良いはずだが、

たいがい、危ないところへ行かされるのは、壊れかかったおまわりさん(警察官=150)・縁故のないおまわりさん(警察官=150)で細かいことを言うおまわりさん(警察官=150)(本社評価:お金だけやっといたらいいヤツラ)が優先的に危険な業務に充てられる。

これらのおまわりさん(警察官=150)は、本社のヒトが、安もんの課長とさげすむ署の課長にすらなる見込みのないヒトビトだから、昇進試験の際考慮するといったぐらいでは、インセンティブを与えることができない。

おまわりさん(警察官=150)との結婚を考えているヒトは、福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫(将来警察官の階級の上位まで登れると言った程度の意味)だと思って間違いないだろう。

以上書き出した個所の中で、

「たいがい、危ないところへ行かされるのは、壊れかかったおまわりさん(警察官=150)・縁故のないおまわりさん(警察官=150)で細かいことを言うおまわりさん(警察官=150)(本社評価:お金だけやっといたらいいヤツラ)が優先的に危険な業務に充てられる。」

という個所と最後の

「おまわりさん(警察官=150)との結婚を考えているヒトは、福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫(将来警察官の階級の上位まで登れると言った程度の意味)だと思って間違いないだろう。」

という個所にご注目いただきたい。

この二か所を記憶にとどめて、

2015年1月25日の『産経新聞』のニュースサイトにある

「交際⼥性『(巡査⻑の)妻や警察に⾔う』→『カッとなった』逮捕の巡査⻑」という記事を読んでいただきたい。

「⼤阪市東住吉区のマンションで住⼈の医療事務員、●●●さん(23)の⾸を絞めて殺したとして、⼤阪府警に逮捕された府警阿倍野署地域課の巡査⻑」の話が載っている記事だ。

警察官にはありがちな事件で、特に珍しいものではない。

この特に珍しくもない事件の記事でどこを読んでほしいかというと、

「府警によると、●●容疑者は、東⽇本⼤震災の被災地⽀援で宮城県警に特別出向していた平成25年5⽉、同県内の⼤学に通っていた⽩⽥さんと知り合い、まもなく交際を始めた。しかし、昨年4⽉に⼤阪府警に帰任し、同8⽉、妻(26)と結婚していた。」

という個所の「東⽇本⼤震災の被災地⽀援で宮城県警に特別出向していた」という部分だ。

殺人容疑で逮捕された大阪府警阿倍野署地域課の巡査⻑は、「東⽇本⼤震災の被災地⽀援で宮城県警に特別出向していた」おまわりさん(警察官)だったのである。

ここで、先に引用した以前このブログで書いた言葉を思い出していただきたい。

「たいがい、危ないところへ行かされるのは、壊れかかったおまわりさん(警察官=150)・縁故のないおまわりさん(警察官=150)で細かいことを言うおまわりさん(警察官=150)(本社評価:お金だけやっといたらいいヤツラ)が優先的に危険な業務に充てられる。」

「おまわりさん(警察官=150)との結婚を考えているヒトは、福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫(将来警察官の階級の上位まで登れると言った程度の意味)だと思って間違いないだろう。」

「たいがい、危ないところへ行かされるのは、壊れかかったおまわりさん(警察官=150)」

「おまわりさん(警察官=150)との結婚を考えているヒトは、福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫(将来警察官の階級の上位まで登れると言った程度の意味)」

「福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫」の「福島派遣」という部分が、危ないところの代表的な事例と考えれば、「危ないところ」への「派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫」という意味であることは容易に理解できる。

博士はブログの同記事で、「※警察や地方公務員等の被災地派遣がマスコミで何か心温まる良いことのように報道されるが、あれは、普段より多くの御手当てを貰っているヒトだ。ボランティアで行っているのではないということを、忘れて、感謝したりすると後でがっかりすることになるだろう。」とも述べており、

「福島派遣」を「被災地派遣」の象徴的な事例として、述べていると考えて間違いないだろう。

そう考えると、博士の予測は、またしても的中していたことになる。

つまり、この事件を起こしたおまわりさん(警察官)は、

1回派遣されているので、壊れたおまわりさん(警察官)の可能性が大と予測できたということだ。

「東⽇本⼤震災の被災地⽀援で宮城県警に特別出向していた」おまわりさん(警察官)
=被災地派遣のおまわりさん(警察官)
≒「福島派遣」のおまわりさん(警察官)
⇒「おまわりさん(警察官=150)との結婚を考えているヒトは、福島派遣回数が0に近い方が、良いウジ虫(将来警察官の階級の上位まで登れると言った程度の意味)」

今回の事件を起こしたおまわりさん(警察官)は、1回派遣されているので、壊れたおまわりさん(警察官)の可能性が大であると事前にわかっていたことになる。

なので、このおまわりさん(警察官)とは、結婚しない方が正解だった。

と言えるだろう。

なんとも恐ろしい話だ。

誤解がないように言っておくが、私が、恐ろしいと言っているのは、博士の予知能力に近い予測を恐れているのではない。

「たいがい、危ないところへ行かされるのは、壊れかかったおまわりさん(警察官=150)」という、

バレバレの警察の人事管理が、恐ろしいと言っているのである。

※記事には、殺害場所となったマンションの写真がついている。いつもながら、人殺しの警察官の顔写真は事件直後に公開されない。「ウサギ汁事件」のころは、制帽被った制服姿の警察官の顔写真が事件直後の新聞記事に掲載されていたが、現在は通信環境が革命的に良くなったはずなのに、事件直後に警察官の顔写真が公開されることはほとんどない。警察では入庁章などに使用するの顔写真を撮っているので、事件直後に入手できる写真は、制服姿の写真のはずなのだが・・・。ストーカー殺人の警視庁の警察官の公開された顔写真は釣りに行った時の写真だった。日本の新聞社全てが、警察の宣伝機関化していると考えて間違いないだろう。





[再掲]いくら人間失格でも、おまわりさん(警察官)の首を斧で斬ったりしてはいけません。斧で首を斬るよりも… どうだろう、あと一押し、殺虫剤をふりかけてみては(ハエの駆除には相応しい)?  [ジョーク] [蘇る博士]

以下の文章は、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた記事である。


いくら人間失格でも、おまわりさん(警察官)の首を斧で斬ったりしてはいけません。斧で首を斬るよりも… どうだろう、あと一押し、殺虫剤をふりかけてみては(ハエの駆除には相応しい)?  [ジョーク]

京都で、おまわりさん(警察官)の娘が、父親のおまわりさん(警察官)の首を斧で斬るという猟奇的な事件があった(斬首であるから刑罰に似ている)。

この娘は、制服萌えのおまわりさん(警察官)とは、多少趣味が異なり、ゴスロリ萌えだったようだ。

血は争えない。

警察が犯罪組織で警察官が人間失格であることを考えると、おまわりさん(警察官)の家族で、おまわりさん(警察官)の処刑を考えている人は、何も京都府警のおまわりさん(警察官)首斬り事件の少女だけではないだろう。

真夜中にゴスロリの装束で斧で首を刈るのも、なにやら儀式めいていて、警察カルトの家族らしいといえば家族らしいが、人間失格のおまわりさん(警察官)を処刑したために自分の人生を棒に振るというのも、利口な考えではないだろう。

どうせなら、寝ているおまわりさん(警察官)に殺虫剤(殺駐在?)をふりかけるというのが良いだろう。

「農業用 や家庭用殺虫剤として使用されている有機リン系殺虫剤ジクロルボス(DDVP:りん酸ジメチル=2,2-ジクロロビニル)」は、「昆虫や人を含む哺乳動物 に対し、中枢神経症状(ノイローゼ、興奮、不眠、頭痛、うつ病など)、気道症状(胸痛、呼吸困難など)、胃腸症状(食欲不振、吐き気や嘔吐など)など、さ まざまな毒性を示」すらしい。

もともと、おまわりさん(警察官)は、警察学校や職場での教養(洗脳)によって、常にうつ状態にされている。

どうだろう、あと一押し、殺虫剤をふりかけてみては(ハエの駆除には相応しい)?

「中枢神経症状(ノイローゼ、興奮、不眠、頭痛、うつ病など)」になること間違い無しである。

そうなれば、「お父さん嫌い」とか「離婚しましょう」等々の些細な一言が与えるストレスだけで、頭を撃ったり、飛んだり、飛び込んだりして、勝手に死んでくれることだろう。

ただし、うつ状態のおまわりさん(警察官)が、家族の最後の一言によって、自殺ではなく、自暴自棄になり無差別殺人(無差別テロ)に走るという予想外の事態も起こりかねません。

十分注意しましょう。

この記事はただのジョークです。

けっして実行しないでください。

「2001年12月11日、イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、農業用や家庭用殺虫剤として使用されている有機リン系殺虫剤ジクロルボス (DDVP:りん酸ジメチル=2,2-ジクロロビニル)を含む製品に対して、その販売と使用に関する承認を一時取り消すと発表しました[1]。」「有機リ ン系及びカーバメート系の殺虫剤は、神経伝達物質であるアセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼを阻害することによって、昆虫や人を含む 哺乳動物に対し、中枢神経症状(ノイローゼ、興奮、不眠、頭痛、うつ病など)、気道症状(胸痛、呼吸困難など)、胃腸症状(食欲不振、吐き気や嘔吐など) など、さまざまな毒性を示します[2]。」http://72.14.235.104/search?q=cache:FU-OjZsDs_EJ:www.kcn.ne.jp/~azuma/news/2002/Janu2002/020121.htm+%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%80%80%E6%AE%BA%E8%99%AB%E5%89%A4&hl=ja&ct=clnk&cd=5&gl=jp






2007-09-23 05:22 nice!(0) コメント(0) トラックバック(0)

第一報「無理心中」の法則。かなり高い確率で犯人はおまわりさん(警察官)!! [日本の新聞やニュース番組は、アニメ以上に面白い?]

警察官と関係のあったヒトが不審死すると、

メディアは第一報で「無理心中」と報道する。

その場合、かなり高い確率で不審死した警察官と関係のあるヒトは、警察官に殺されている。

例:警視庁のストーカーのおまわりさん(警察官)による女性射殺事件、警視庁の性別1のリクルーターのおまわりさん(警察官)による性別2のおまわりさん(警察官)めった刺し殺人事件、福岡県警のおまわりさん(警察官)による家族皆殺し放火殺人事件(※現在容疑は確定していない)など。

警察の広報担当部署がとりあえず警察記者クラブで「無理心中」と発表して時間稼ぎしている間に、幹部が危機管理広報のストーリーを決め、関連部署に指示徹底しているものと思われる。


※福岡県警の事例の場合、殺害人数が危機管理の対象となると思われることから、今後、おまわりさん(警察官)は妻の殺害、二人の子供については妻が殺害したというストーリーになる可能性があるだろう。例えば、無理心中しようとした妻が二人の子供を次々に殺害、自殺できないでいる妻に依頼され夫のおまわりさん(警察官)が妻を殺害、おまわりさん(警察官)は妻子の葬儀を済ませて自首するつもりだった、などといった、驚きのストーリー展開になる可能性があるだろう。放火殺人で3人殺すと死刑だが、自殺ほう助のみなら、たいした罪に問われないだろう。ここまで、徹底した危機管理をできるのは、警視庁のおまわりさん(警察官)による巡回連絡女子大生暴行殺害事件の危機管理を指揮した佐々淳行先生ぐらいだろう。すでに福岡県警のコンサルに入っているかもしれない。

※警察の不祥事絡みの事件でよくあるのが、目を離したすきに容疑者が自殺するというパターンだ。留置場では処方箋なしで睡眠薬を飲ませることができるから、容疑者が眠っている間に・・・