So-net無料ブログ作成

[再掲]『自殺サークル』(2002年)という映画を観た。警察官が校舎に引っかかった投身自殺者の耳を処理する場面が… [ドラマ・映画ほか]

 『自殺サークル』(2002年)という映画を観た。

 あまり怖くなかったが、警察官の性格を表す良い表現が2か所あった。

 一つ目は、1時間14分33秒あたりで、警察官が拳銃自殺する場面である。

 周囲の警察官が全然止めようとしないところが、ドキュメンタリー映画の趣があり大変良かった。

 警察官のニンゲン関係がよく描けていた。

 二つ目は、34分19秒あたりに、警察官が校舎に引っかかった投身自殺者の耳を処理する場面である。

 警察官の勤務に臨む態度が、良く表現されていた。

 以前、自殺者のご家族の多くが、警察官の対応が悪いと不満を持っているという新聞報道があったが、そういうことだったのかと、納得できる良い表現だった。

 警察官の弁護をするわけではないが、警察官は遺族の方々を怒らせようと思って、非道なことをしているわけではない。警察官は、普通に淡々と仕事をしているだけなのだ。ただ、漱石が言うように文芸の哲学的基礎が欠けているだけなのである。

※周囲の警察官が全然止めようとしないと書いたが、唯一例外がある。兵庫県警の六甲アイランド交番の事案は、同僚の警察官が、警察官の拳銃自殺を制止しようとしたと報道された。警察職員は、警察施設内のトイレで同僚が拳銃自殺しても、銃声を聞かなかったと言えるヒトたちばかりかと思っていたが、制止する人もいたのかと、驚かされた。何事にも例外があるようだ。


[再掲]警察官による大量殺人、大量射殺記録保持者は、新潟県のおまわりさん!! 「『ひかるくん』に公式ソング」?? 「ひかるくんのうた~にいがたけんのおまわりさん~」の替歌「ウサギ汁~にいがたけんのおまわりさん~」を作ってみた。 [蘇る博士(ノンフィクション替歌)]

2014年11月6日の『新潟日報』に「『ひかるくん』に公式ソング」という記事があった。

新潟「県警音楽隊員で広報広聴課の巡査長(29)が音大卒の経歴を生かし、ひかるくんの魅力を高めようと発案、自ら作詞作曲を担当した。動画では低い歌声も披露している。」という。

新潟「県警はマスコットキャラクター『ひかるくん』の公式ソングを作り、6日からホームページと動画サイト『ユーチューブ』で動画の公開を始めた。」のだそうだ。

「動画では、ひかるくんが県警カラーガード隊員と歌に合わせて踊る場面もある」http://www.youtube.com/watch?v=AQ7iM1dIUZkが・・・

1990年のオウム真理教の選挙戦http://www.youtube.com/watch?v=rVSZvg00M-kを思い出してしまった。

新潟県と言えば、

「ウサギ密猟で口論 新潟 巡査の殺人原因」(『読売新聞』1958年1月22日朝刊)が有名だ。

新潟県のおまわりさん(男性巡査当時22歳)が過去にウサギ密猟を取り締まった知人に、それとは知らず密猟のウサギで作ったウサギ汁をごちそうになってしまい、お酒も入っていたことから、

被害者4人に「勤務時間以外なら警官だって普通の人間だ。取締るとはけしからん」と言われ、口論となり、

警察官はわざわざ、駐在所にかえって制服に着替えて被害者宅に戻り、

Tさん(27)、Tさんの母(48)、Oさん(32)を被害者宅の玄関で至近距離から次々に射殺、Oさん義弟(29)にも重傷を負わせ、自らは、拳銃自殺した。

当時の警察官は、コルトの6連発拳銃を使っていたが、5発しか装てんしていなかったということだから、新潟県のおまわりさんは、全弾命中させ、自身を入れれば、4人を射殺したことになる。

大量殺人である。

警察官による大量殺人、大量射殺記録保持者は、新潟県のおまわりさんなのである。

富山県警で、老夫婦二人を殺害し放火したと自供して後に自供を覆した警察官がいて、富山県警察本部長が、警察官の複数殺人の記憶がないなどと嘘をついていたが、

新潟県のおまわりさんは、3人射殺(ほぼ即死)し、自身を入れれば、4人射殺している。

被害者4人は、「勤務時間以外なら警官だって普通の人間だ。取締るとはけしからん」と言ったそうであるが・・・

それは、大きな間違だ。
夏目漱石001.png

この真理を掴んでいれば、被害者も射殺されずに済んだのではないだろうか?

ウサギ汁事件は、

「警官だって普通の人間だ」と思い込ませてしまう、警察広報の恐ろしさをしみじみと感じさせる事件である。


突然閉鎖された『博士の愛した株式』というブログに倣って、

「ひかるくんのうた~にいがたけんのおまわりさん~」http://www.youtube.com/watch?v=AQ7iM1dIUZkの替歌「ウサギ汁~にいがたけんのおまわりさん~」を作ってみた。


「ウサギ汁~にいがたけんのおまわりさん~」

ウサギ汁 ウサギ汁

にいがたけんの おまわりさん

ウサギ汁 ウサギ汁

大量 殺人の おまわりさん

お酒の席で からかわれ

知人の 村民 3人射殺

禁猟の ウサギを 食わされて

皆殺し!

ウサギ汁 ウサギ汁

にいがたけんの おまわりさん

ウサギ汁 ウサギ汁

大量 殺人の おまわりさん




ふと思ったのだが、「ひかるくん」というのは、警察本部長の子息とかなのではないだろうか?


『ぼくの魔法使い』(2003年)で、阿部サダヲ演じる田辺まもるが、車を運転しながら、「こうきっちゃん こうきっちゃん 僕の名前は こうきっちゃん♪♪」と歌う場面があるが、この歌と「ひかるくんのうた~にいがたけんのおまわりさん~」が、なんとなく似ている気がするのだが、気のせいだろうか?



[再掲]「ブラック企業」の新しい呼び名を考えてみた。「警察化企業」ではどうだろう。 [リクルーター(警察はブラック企業)]

「ブラック企業」の新しい呼び名を考えてみた。

「警察化企業」ではどうだろう。

犬党のヒトは、警察よりブラック企業の方が酷いと思っているかもしれないが、

警察とブラック企業の大きな違いは、

ブラック企業がいくら社員を洗脳しても、それだけでは、不十分だということである。

仮にブラック企業が完全に社員を洗脳できたとしても、社員以外の一般市民には、ブラック企業だとわかってしまうということだ。

CI活動をして、企業イメージを高めても、自殺者を何人も出せば、すぐにばれてしまうだろう。

警察は、ブラック企業と異なり、一般市民の完全な洗脳にほぼ100%成功している。

警察は、常に、一般市民を洗脳(国民皆警察化)している。

洗脳され警察化された市民が、国民と言ってもよいだろう。

だから、警察官(組織としての警察含む)が、どんなに非道なことをしても、国民は気づくことがない。

『裸の王様』の少年が「王様は裸だ!」と叫んだように、

「警察官は人間失格だ!」と、本当のことが言える国民は一人もいない。

近代で、

夏目漱石001.png


と言えたのは、夏目漱石だけだ。

2015年1月7日の『産経新聞』のニュースサイトに「ハラスメントを⼀掃せよ︕ 不祥事続きの⼤阪府警、新要綱運⽤スタート」という記事があったが、

「あらゆるハラスメント(嫌がらせ)を⼀掃せよ-。⼤阪府警は、職場の嫌がらせ⾏為について被害相談や調査のあり⽅を定めた『ハラスメント防⽌対策要綱』を策定し、新年から運⽤を始めた。相談窓⼝や対応の責任者、調査の⼿続きを明⽂化し、被害を訴えやすい制度を整備した。府警では昨年、警察官がパワハラ・いじめを苦に⾃殺したり、警察学校の元教え⼦への強制わいせつ容疑で逮捕されたりする事案が発覚しており、反省の上に⽴って意識改⾰も進めたい考えだ。」という。

また、警察宣伝である。

「新要綱は、セクハラやパワハラだけでなく、マタハラなど、あらゆるハラスメント⾏為を『職員の⼈格や尊厳を害し、精神的・⾝体的な苦痛を与え、不利益や勤務意欲の低下をもたらす不適切な⾔動』と定義した。」らしい。

結局、警察には、このブログで指摘してきた通り「あらゆるハラスメント⾏為」、

つまり、モラル・ハラスメントが

蔓延しているということである。

このブログでは、モラル・ハラスメントのことを漱石に倣って「からかい殺す」などと呼んでいる。

普通、「パワハラ・いじめを苦に⾃殺したり」、研修の際の「元教え⼦への強制わいせつ容疑で逮捕されたり」、裏金作りなどの詐欺行為を組織的にしたり、頻繁に社員が盗撮や痴漢、淫行、窃盗、暴行、傷害などの事件を起こしたりすると、

一般企業なら倒産するだろう。

ストーカー殺人者などの殺人犯を多数輩出すると、暴力団でも、組織が維持できなくなるだろう。

ブラック企業が警察に及ばないのは、完全に警察化すると、企業として存続できなくなるからである。

いくらブラック企業が、卑劣になっても、警察の卑劣さには永遠に追いつくことはできない。

警察化の最先端は、常に、警察なのである。

警察に少し遅れて、警察化するのである。

いまは、ブラック企業が卑劣なことをすると倒産したり、企業業績が落ちたりしているが・・・

警察化がさらに進めば、

今の警察同様、どんな卑劣なことしても、倒産することない企業ばかりになるかもしれない。


やっぱり、

夏目漱石001.png


と言った夏目漱石は、偉いな。






[再掲]「証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー」???  警察官は人間失格だと言った夏目漱石は偉い! [警察官は人間失格である]

以下の文章は、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた記事。

警察官は人間失格だと言った夏目漱石は偉い!「証拠品のわいせつDVD複写 巡査長懲戒免職」「証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー」、「 コピーに使ったとされる複製機も押収品」。 [警察官は人間失格]

「証拠品のわいせつDVD複写 巡査長懲戒免職」という記事があった。

「証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー」、「 コピーに使ったとされる複製機も押収品」。「課長と別の課の巡査部長(49)に計14枚を配り、別の警部補(36)にもパソコンに取り込むかたちで画像を提供し」、「巡査長は自分用にも20枚ほどコピーした」。

関係者の内で最も身分の低い巡査長が課長(警部?)・警部補・巡査部長に配布したのだから、命令であった可能性もある。

ま、警察官が、証拠品を私的に使っているだろうという、全ての国民が予想していたとおりの事実があったということだ。

警察官僚子息のW辺先生の事件や妹バラバラ殺人の証拠品の紛失がなぜ起こったか、勘のいい人ならわかるだろう。

警察官は人間失格https://www.so-net.ne.jp/blog/entry/edit/2007-05-14だと言った夏目漱石は偉い!

日本警察の警察官は、全て人間失格だ。

「証拠品のわいせつDVD複写 巡査長懲戒免職 埼玉県 警 2007年07月05日20時25分 埼玉県警羽生署警備課の巡査長(27)が証拠品のわいせつDVDをコピーし署員に配っていた問題で、県警は5 日、わいせつ図画頒布と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)容疑で巡査長を書類送検し、懲戒免職にした。また、コピーを依頼した同課長(55)=同日 付で依願退職=らを停職1カ月の懲戒処分とするなど、当時の上司ら計9人を処分した。 調べでは、巡査長は2月下旬~3月上旬、証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー、課長と別の課の巡査部長(49)に計14枚を配 り、別の警部補(36)にもパソコンに取り込むかたちで画像を提供した疑い。

課長に配ったとされる9枚のうち1枚が児童ポルノだった。

DVDは、同署が2月に群馬県 内のわいせつDVD卸業者を、わいせつ図画頒布容疑で家宅捜索した際に押収。巡査長と巡査部長はDVDの検分を担当していた。 コピーに使ったとされる複製機も押収品で、巡査長は自分用にも20枚ほどコピーしたという。警部補への提供が最初だが、それを知った課長らが「自分もほし い」などと言って依頼したという。 巡査長を最も重い処分としたことについて、県警は「断ることも可能で、厳重に証拠品を管理していた部屋に入った責任は重い」とした。階級を利用した強制や 金銭の授受はなかったという。 高橋克郎・監察官室長は「職員がこのような恥ずべき犯罪行為を発生させたことは誠に遺憾。職員への職務倫理教養と証拠品のより厳格な管理を徹底し、県民の 信頼回復に努めたい」などとコメントした。」http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200707050336.html



[再掲]籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感した安倍ちゃんたちには、日本国憲法下での公務員の資格がないんじゃないだろうか? [国民教養(=警察教養)の時代が到来!]

公務員ではないアッキー(品格0のなんとアホ丸出しの愛称〔蔑称か?〕だろう)は別としても、

籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感した

安倍ちゃん、

稲田さん(弁護士が平気で嘘をつくことを証明、犬党が鼓吹する道義国家に道義的同情がないことも証明)、

麻生さん(『こち亀』を愛読しているそうだから、こんなもん〔道義心は警官レベル?〕だろう)、

鴻池さん(K市のブラック企業〔医療系専門学校理事長〕との関係〔補助金のコンサル?〕ありとの噂)や、

他の自民党議員・日本維新の会・民進党議員・日本のこころなどの国会議員をはじめ、

籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感した

国会議員、地方自治体の議員、

籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感した

国会議員、地方自治体の議員の意向を忖度して、

特定の思想を持つ集団に奉仕した

国や地方公共団体の職員(「全体の奉仕者」であることを忘れて「一部の奉仕者」になったモノを指す)は、

日本国憲法下の公務員の資格を欠いているのではないだろうか?

※ちなみに戦後の特高警察官は、分限免職扱いとされた。なお特高追放はその後解除されているので、日本警察には、分限免職されるべき特殊な思想を持ったヒト(ネトウヨではなく超絶リアウヨ)がウヨウヨいるらしい。日本警察はネトウヨウヨウヨリアウヨウヨウヨ・・・、言いにくい。終戦まじかには警察の特高化が進んでいたので、日本警察には超絶リアウヨしかいないと言った方が現実を良く表現しているかもしれない。

籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感した

政党や組織、

籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感し、

その理念を忖度して、

日本国憲法を破壊しようとする集団(ヒトの集まり)は、

テロ組織と呼ぶべきではないだろうか?


あ、犬党員ばかりの「からかい殺す世の中」だから、そんなこと言うと・・・

犬党員(籠池泰典理事長の「森友学園」の教育理念に共感するようなヒト≒警察下部組織の構成員・警察協力者のようなヒトを含む特殊な思想に洗脳され工作員化されたヒト)に

こちらが、

からかい殺されちゃうか・・・