So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

[再掲]警察の冷たい対応二重の苦しみ?? 警察カルトの被害者は、警察官(一般職員も含む)が証言をしないことで、法律的には被害者にすらならない。 [からかい殺す世の中に]

以下の文章は、突然閉鎖された「博士の愛した株式」というブログに掲載されていた記事である。

父殺され、警察の冷たい対応二重の苦しみ [モラル・ハラスメント]

今日の読売新聞夕刊に「父殺され、警察の冷たい対応二重の苦しみ」という記事があった。

犯罪被害者のご遺族の方が、大阪教育大学大学院で、犯罪被害を研究されているという内容の記事である。

その方は、大学院で犯罪被害を研究し、論文などの形で国などに支援策を提言したいと願って大学院に入られたとのことである。素晴らしいことである。

しかし、悲しいことである。

なぜなら、ご遺族の方が研究者という立場で、論文発表することでしか、国に施策の定言をする機会がないということの証であり、国やその付属の諸機関には、聴く耳を持った人間がいないということである。

犯罪被害者も警察の冷たい対応で二重の苦しみを受ける。

大変つらいことだと思う。


警察カルトの被害者は、警察官(一般職員も含む)が証言をしないことで、法律的には被害者にすらならない。

証言者がいないということは、被害者が主張する事実が、幻覚のように扱われるということである。

病気が医者の診断があって初めて、病気と認められ、怠け者でないことが証明されるように、犯罪被害者は、第三者の証言等の証拠によってしか、被害者と認められないのである。

証拠隠滅されてしまえば、被害者は、被害を主張すればするほど、友人や家族からさえ信用されなくなることとなる。

なぜなら、友人や家族でさえ警察がCR戦略やCI活動で形成したイメージ(警察のステレオタイプ)に囚われているのである。

身近な人間が体験した具体的な事実より、警察(これ自体抽象的なもの)が意図的に形成した抽象的なイメージの方を信用するのである。

そうして、警察カルトの被害者は、無限地獄へ落とされていくのである。

結局、この地獄から逃れる方法は、以下の3つという事になるだろう。

①薬を飲んで自分の感情の一部を殺し、泣き寝入りをする。

②自殺をする。

③法律(公権力)が被害者に代わって復讐をしてくれないのだから、自ら復讐をする。

①は、警察カルトの中では、メンタル・ヘルスと呼ばれている。

②は、文字通り自殺である。

警察内での自殺は、遺書が発見されても遺族に渡ることが少ない。

自殺の場所に特定の意味をこめるより、自殺者本人の意志を他者に伝えることは出来ないのである。

たとえば、交番勤務の警察官が職場内(交番内)で自殺する。

交番勤務の警察官全てが使用する警察署内の風呂場で自殺する。

警察の不祥事のあった現場近くで自殺する。

といった方法が、警察カルトに対する復讐的意図を示すには効果的と思われる。

既に現実に実践している方も多い。

このことに対する、危機管理からだろうか、愛媛県警は、裏金暴露の警察官から拳銃を取り上げている。

このような状況から判断すると、昨今、空き交番が増えたのは、自殺者対策なのかもしれないと思いたくなる。

③については、まだ、実践されたという事例は新聞等で報告されていない。が、警察内で不自然な拳銃の暴発事故が、時折、発生している。

あるいは、意図的に警察の伝統であるモラル・ハラスメント(精神的暴力)に対して、逆襲をした警察官がいたのかもしれない。

犯罪被害者の支援であるが、警察犯罪の被害者のことを考えれば、警察が犯罪被害者対策を行うということは、警察組織の危機管理(組織防衛)の一つとして機能していると思うよりない。

そんなことをしていれば、いづれ、③が起こるであろう。

その時、警察は、こぞって、

テロが発生した、その予防のために、人員を!

装備を!

予算を増やせ!

市民の協力を!

と声高に唱えることであろう。

警察カルトが、この国全体を地獄にする日は近い。

そんな未来を避けるためには、司法が現行警察法を合憲と判断したときと同様の法テクニックを駆使して、警察カルト関係者全てを、死刑にし、法への信頼を回復することである(ただし、警察カルトの構成員がモラル・ハラスメントによって、無辜の者を自殺に追い込んだり、社会的に抹殺したこと等、自らの罪を正直に認め、事実を話し、謝罪し、旭影〔警察カルトのエンブレム〕を踏むことが出来た者は、無罪とすべきである)。




2006-08-22 16:23 nice!(0) コメント(0) トラックバック(1)



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0